あまちゃん 第2週「おら,東京さ帰りたくねぇ」 第9回

ama9
漁協で髪を乾かすアキ(何回目?w)。
そこにヒロシが現れてアキと初対面。
実はテロップで紹介されるのは初めて。

一方夏の家では春子と正宗が離婚の協議。
夏がいるのは当然としても,なぜか大吉と安部ちゃんの姿があって笑えます。
ここで第7話で話題になった離婚届の姓のことが大吉からダメ出し。
判子押して離婚届送った話を聞いた大吉が,
「判子ってどっちのよ?」
ってわざとらく?聞いてきます。
「どっちのって,天野だよ。旧姓天野」
「あ~,ダメだ。それは無効」
「なんで?」
「離婚届を書いてる段階ではまだ夫婦だから,夫の姓の判子でないとダメなんだ」
(中略)
「離婚したことないから知らないし」

実は,この会話はシナリオ上は存在しません。
それどころか,この場に大吉と安部ちゃんはいません。
第7話に戻ってシナリオ確認してみましたが「傍らには離婚届」と書いてあるだけで,判子のことには触れていませんでした。

シナリオ完成後撮影までの間に「発送した離婚届を無効にしたい」という判断が働いたようです。
朝ドラの場合,こういった判断って誰がするのでしょうね?
映画だったら監督です。
でもいくらググってもあまちゃんの監督はでてきません。NHKの公式サイトでも「作製統括」と「演出」はあっても監督は出てないんですよね。
このあたりの制作の流れが,映画とか一般ドラマとは異なるのでしょうね。

この後,漁協では美寿々が昔駆け落ちした話になり,再び夏の家での春子と正宗の会話になったり。
この時に流れる音楽は初登場の「TIME」。
もう,名曲中の名曲です!

漁港での最後のシーン。かつ枝と美寿々セリフ。
「分がったか?みんな色々あんのよ。色々あって,今日があんのよ」
「アキちゃんのお母さんが特別なわげでねえの。みんないろいろあって,最終的にこごさ帰って来るの。お互い分がってるがら,黙って受け入れるの」
あまちゃん自体が地方をテーマにしたドラマであることを考えると,このセリフの意味は深いです。

家に帰ってくるアキ。正宗との話をしようとする春子を遮って,
「いいよ,ママ」
「?」
「分かるから,何となく。色々あるよね。おやすみ」
アキちゃん,かっけ~ぞw。

その夜のスナック梨明日。
ここのセットはカメラ位置が固定のため,重要人物が必ず手前に座ります。
今回は,手前から正宗,大吉,今野,勉(指定席だけどw)の順。
正宗が春子との出会いを話します。
(若い時の春子と正宗が,正式にテロップ付きで紹介されました)
このシーンでは,大吉が酒に弱いことと正宗が空手の黒帯であることが分かります。

翌日,正宗はアキの様子を見に再び袖ヶ浜へ。
そしてアキのアキの溌剌とした様子に驚いてこの回はおしまい!

○使用楽曲
TIME(上記参照)
サントラに含まれていない曲が3曲

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報