facebook:友達申請について

今回はfacebookネタです。
facebookやってない方はスルーして下さいね。

さて,突然にやってくるfacebookの友達申請。
この人誰?
この前の飲み会で会った人だっけ???
みたいな経験は誰でもあると思いますw。

これに対して「メッセージがない人は承認しない」という人もいます。
実は困ったことにfacebookの仕様が変わって,
初アクセスの人のメッセージは「受信箱」ではなく「その他」扱いになってしまします。
(全部,という訳ではないようですが…)

個人的にはメッセージなくても,承認しています。
もちろん誰でもという訳ではありません。
今回はそのあたりをまとめてみます。
fb

絶対に承認しない人

会ったことない人からリクエストが来た時,名前が組織名もしくは屋号になっている人は絶対に承認しません。
個人ページは個人名で,屋号や組織名はfacebookページで,というのが基本ルールです。
故意であれ無知であれ,ルールを守れない人とは楽しく交流はできません。

承認を検討する条件

公開の投稿があること
投稿を公開にするか友達限定にするのか,それは自由です。
でも,知らない人を友達リクエストする以上,その人でも読める投稿書いておきましょうよ。
投稿読めないと,どんな人だか判りません。
無条件に却下します。

自己紹介をきちんと書いていること
知人にしかリクエスト出さない人はそれでも良いのですが,知らない人に出す以上は必ず書いておいてほしいものです。

プロフィール写真
必須条件ではありませんが,プロフィール写真はできれば本人のものだと印象度が違います。
特に著作権に抵触する画像を使っている方はそれだけでパスします。

これらの条件を補うのがメッセージです。
投稿が読めなくて自己紹介がなくても,それを補うメッセージを頂いたら検討対象になります。

フォローから

私はフォローできるようにしてあるし,ほとんどの投稿は公開にしています。
友達にならなくても投稿は読めるし,フォローして頂ければタイムラインにも流れます。

まずはフォローして頂いて,たまにコメントのやりとりでもして,それから友達になるという順番が良いのかな?という気がしています。
(もちろん自分の投稿も見てほしい方はリクエスト下さいね)

正直なところ,見知らぬ方を承認して交流が続くケースは少ないです。

最後に

人数多い飲み会なんかだと,話し込んだ人でも翌日になると誰が何だか判らなくなってることが多いです(^_^;)
リクエストもらっても見知らぬ人と勘違いして放置しちゃうとか。
そんな時は一言メッセージ頂けると助かります。

せっかくのSNS。
ルールを守りお互いを尊重し,楽しく交流したいものです。

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報