ホントにSNSへの写真投稿は危険なのか?

前提

今回は,写真に付随する「位置データ」などのお話しに絞ります。

SNSに我が子の写真を載せることの是非とかには触れません。
だって考えれば判ることでしょ?w

Exif情報って何?

Exif(イグジフと読みます)情報とは,画像に付随されるデータで,いろいろな情報があります。
特にカメラで撮影した画像にはいろいろな情報が付加されます。

撮影日時はもちろんのこと,使用したカメラ,どんなモードで撮影したか
など細かい情報がありますので,後で確認すると便利な情報です。

しかし,Exif情報の中にGPS情報があります。
処理済~prp
緯度,経度,高度情報ががっつり入っています。
ここから位置を容易に特定できてしまうわけです。

スマホでGPS情報を止める方法

中には写真整理のためGPS情報入れておきたい場合があるかもしれません。
そのような場合を除き,基本的にはGPS情報は画像に含めるべきでないと私は思っています。
以下の設定を確認してみて下さい。

iPhoneの場合

設定→プライバシー→位置情報サービス
IMG_0008
全体もしくはアプリ毎に設定します。

Androidの場合

設定→位置情報サービス
Screenshot_2014-07-30-16-10-19
設定の方がONになっていても,標準カメラアプリの中でも設定ができます。
Screenshot_2014-07-30-16-09-32

実験用写真

写真にGPSデータを含めるよう設定して撮影した写真です。
P1000158
この写真をあるソフトを使ってExif情報みると次のような感じになります。
上にある「Geolocation」というタブをクリックすると,撮影場所の地図がばっちり表示されます(^_^;)
ex

SNSへのアップロードは本当に危険なのか?

さて,この写真をSNSへアップロードするとどうなるのでしょうか?
GPSデータが付随されたままアップロードされるのでしょうか?
結論を簡単に言います。

SNSにアップロードした段階でGPSデータは消滅します。

次のSNSやサイトで確認しました。
facebook
twitter
Google+
mixi
LINE
アメブロ
instagram(※)

今回確認してないSNSがダメな可能性もありますのでご注意下さい。
でも,これらのSNSでは確実に問題ありません。

※instagramで「フォトマップ追加」をONにしてあると,写真とは別に投稿の場所を記録しますので気をつけて下さい。

GPSデータを継承したソフト

今回のチェックで,アップロードした写真にGPSデータを継承したソフトが2種類ありました。

ワードプレス
twitpic

怖いのはtwitpicですね。
twitterも今は写真添付機能は標準になりましたが,以前はtwitpic使用するしかありませんでした。
その流れで今でもtwitpic使ってる方も多いかと思います。
twitpic使用する場合は,GPSデータの扱いに注意して下さいね。

ワードプレスに関しては…まぁ自己責任でやって下さいってことでw。
一応解説しておけば,画面に表示される小さな写真には継承されません。
クリックしたときに拡大表示される写真にのみ継承されるようです。
これも使用しているプラグインによって異なると思われます。

それでも気をつけたいこと

アップロードされた時に継承していないだけで,元の写真にはGPSデータは残っています。
メールや直接データを渡したりすると,当然GPSデータは含まれたままです。

特に必要を感じない限りは,写真にGPSデータは含めない方が良いですよね。

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報