「集団的自衛権」問題で一番腹立たしいこと

0515
これは5/15の記者会見の時のものです。

邦人を乗せた米艦を守るために集団的自衛権行使は必要だと言いたいようです。
しかも,情緒に訴えたいのかパネルの邦人は女子供です。

でも,おかしくありません?
なぜ邦人が乗ってるのが米艦なん?
自衛隊が行ってるんだったらそっちに乗るはずでしょ?
そもそも,米艦が外国人乗せることってあるの?

当然,国会でも問題になりました。

「過去の戦争時に米輸送艦によって邦人が輸送された事例があったとは承知いたしておりません」

外務省の三好真理領事局長の答弁です(2014年6月11日衆院外務委員会)。

さらに米国政府による「外国にいる米国市民及び指定外国人の保護と退避に関する国務省と国防総省との間の合意メモ」の存在を指摘し、その内容について説明を求めると,

「カナダ及び英国を含む全ての外国政府は、自国民の避難についての計画を立て、また米国政府の手段に依存しないことが求められる」

と冨田浩司北米局長の答弁。

アメリカは関与しないから各国が自国の責任で避難させてね,っていう話です。
そりゃそうだ。

つまり,パネルの様な事態は起こり得ず安倍総理の妄想に過ぎないということです。

さらに驚愕の事態が発生します。
7月1日に集団的自衛権行使容認の閣議決定を行った後に安倍総理は記者会見を開きますが,
また同じパネルを持ち出して5月15日と同じ説明を繰り返したのです。

国民を馬鹿にするにも程がある

これだけは言っておきます。
誤った前提から始まった議論は,誤った結論しか導き出しません。

なお,国会審議の内容はJ-CASTニュースを参照させて頂きました。

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報