おはようウナギ!

unagi

朝イチで飛び込んできたニュース。

ニホンウナギ:国際自然保護連合が絶滅危惧種に指定(毎日新聞)

ここ数日「絶滅危惧種に指定されるのでは?」という記事がありましたが,残念ながらその通りになってしまいました。

何が問題か?

国際自然保護連合のレッドリストには法的な拘束力や規定はありません。
しかし,世界最大規模の自然保護機関です。

野生生物の国際取引を規制する国際ルールとして有名な「ワシントン条約」に大きな影響を与えるようです。
2016に開催される,次回の「ワシントン条約」会合で,レッドリストに加わる可能性が出て来ました。
レッドリストには3段階あって,
・商業目的の国際取引は禁止
・商業目的の取引はできるが,輸出国政府が発行する許可書が必要
になる可能性があります。

そうるるとどうなるのか?

うなぎは完全養殖が難しく,稚魚(シラスウナギ)を捕獲してからの養殖になります。
このシラスウナギは国内捕獲だけでは需要を満たせず,輸入に頼っています。
(2013年の輸入量はは7.4トン,国内での捕獲は5.2トン)

そう。
この7.4トンのシラスウナギが輸入できなくなる可能性があるのです。
どうなるのか,容易に想像できますよね。

ビンボーな私は,現状ですら何年前にうなぎ食べたのか記憶にありません
ああ,うなぎ食べたい

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報