『【ドコモ ケータイ払い】ご利用限度額更新のお知らせ』というメールはスパムか?

2014年04月15日

少し更新が空いてしまいました。
メインマシンのデータドライブが飛んで(意外と?)大騒ぎになったりしていました。

さて,今日はメールのお話しです。
スパムとも本物とも判断出来ず,不思議なメールですw。
2月24日19:28にガラケーの通常メールで受信しました。
半角カタカナは全角に変換しています。

お客様のドコモ ケータイ払いのご利用限度額※1は以下の値となります※2。
dマーケットを始めとした携帯電話でのショッピング、コンテンツ購入を引き続きお楽しみください。
—————————-
適用開始年月:2014年3月※3
ご利用限度額:50,000円
—————————-
上記金額の範囲内でご利用限度額を設定することができます。
ご利用限度額の確認・変更はこちら※1※4
・ドコモ ケータイ払い「ご利用明細」 ご利用可能残高 > 設定変更
以下の画面で[3]ドコモ ケータイ払いをご選択ください
http://gwaris.cp04.docomo.ne.jp/guide/i/s/gkbfp002.srv?MSN=(以下省略)

※1 spモード決済とドコモ ケータイ払いの合計ご利用金額の限度額です。
※2 お客様ご自身で設定されている場合には、上記金額の範囲内であれば自動で変更されることはありません。
※3 2014年3月17日(予定)までに順次適用されます。
※4 ドコモの携帯電話料金を請求書払いでお支払いの場合、設定可能ご利用限度額の範囲内であっても、ご利用限度額が自動で上がることはなく、またご自身で上げることもできません。また、ご契約状況やお支払い状況によっては、設定可能ご利用限度額の範囲内であっても、ご利用限度額が自動で上がらず、また自身で上げることもできない場合があります。
※5 ドコモ ケータイ払いのご利用を停止されたい場合は、My docomoの「各種お申込・お手続き」からお手続きいただけます。
※6 ドコモ ケータイ払いをご利用停止中のお客様へも送信されます。ご了承ください。
※7 本メールはパケット通信料無料で配信しております(海外で受信した場合は有料となります)。

送信者は「docomo-info@payment2.spmode.ne.jp」

まず,送信者情報がまったくありません。
他のドコモから来たメールには,必ず送信者と連絡先が明記してあります。
「本メールはパケット通信料無料で配信しております」って言いながら。メッセージRではなく通常のアドレスに来たのも謎です。

その一方で…
スパムだとすると,スパムには必ず目的があります。
ほとんどの場合,本文中のリンクを踏ませることだったり,メールに返信させることが目的だったりします。

ググってみたら似たようなメールの受信の相談がありました。
このメールはニセDOCOMOからのメールでしょうか?(Yahoo知恵袋)
こっちの相談メールには,中程が

ご利用限度額の確認・変更はこちら※1※4
・spモード決済 ご利用限度額設定 > 設定変更
https://payment2.smt.docomo.ne.jp/smph/history/gadap001.srv
・ドコモ ケータイ払い ご利用可能残高 > 設定変更
https://payment2.smt.docomo.ne.jp/smph/history/gadap011.srv

となっています。
これがたぶん本物のメールではないかと推測されます。
リンクを踏むと,ちゃんとドコモのログイン画面に飛んでいきます。

それに比べると私宛にきたメールは先頭が「http」だし,?と&でオプションが指定してあるしで怪しさ満載です。
でも…
URLは「docomo.ne.jp」のサブドメインである「gwaris.cp04.docomo.ne.jp」なんですよね。
このURLでは。スパマーが偽サイトに誘導することも不可能です。
そもそも今現在「gwaris.cp04.docomo.ne.jp」は設定されておらず,アクセスしてもエラーになるだけです。

メールに返信しようとしても「docomo-info@payment2.spmode.ne.jp」へ返信するだけ。
「spmode.ne.jp」はドコモが使用しているドメインです。

ということで,スパムとしてのメリットはなし。
本物と考えるのはあまりにいい加減。

何とも不思議なメールのお話しでした。

—– 2014/02/27追記 —–
ドコモショップでメールを見てもらって確認したところ,ドコモから発信された正規のメールとのことでした。
『【ドコモ ケータイ払い】ご利用限度額更新のお知らせ』というメールはスパムではないらしい
—– 2014/02/27追記ここまで —–

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報