2013年劇場鑑賞した映画

2014年01月11日

2013年,劇場鑑賞した映画は133本でした。
8月まで114本だったのに,9月以降大失速^^;
結局前年比-44本でした。
今年はどうなるかなぁ。。。

さて,その133本から比較的私好みだった20本をあげておきますね。
順位付けはしません。順位不動です。

REDリターンズ
オブリビオン
キャビン
コッホ先生と僕らの革命
パシフィック・リム
ペコロスの母に会いに行く
映画 鈴木先生
今日、恋をはじめます
先祖になる
旅立ちの島唄~十五の春~
クロニクル
タイピスト!
ホワイトハウス・ダウン
モンスターズ・ユニバーシティ
人生、ブラボー!
渾身 KON-SHIN
くじけないで
ラストスタンド
四十九日のレシピ
ひまわりと子犬の7日間
さらにこの中から,印象的だった2本を紹介します。
(1位と2位という訳ではありません)

旅立ちの島唄~十五の春~


『グッモーエビアン!』ではそんなに気にならなかったのですが,三吉彩花がすんごく印象に残りました。
これから大きく化ける可能性を秘めた女優さんだと思っています。
橋本愛と同世代(三吉彩花が半年若い)です。
この映画は2/26にレンタルにもなりますので,見かけたらご覧になってみて下さい。
公式サイト

人生、ブラボー!


予告の印象ほどコメディタッチでもなく,決してシリアスでもない絶妙なタッチのカナダ映画。
主人公は予告にある通り20年前に精子提供をし,その結果遺伝子上533人の子供がいることが発覚します。
偽名で精子提供をした理由もあるのですが,彼は絶対にそのことを口外しないし,グチも言いません。
ダメ男みたいに描かれていますが,その生き様は格好良かったです。
そしてあのエンディング…。あれは泣けます(T_T)
決して派手ではありませんが,とても良い映画でした。
DVDはすでに発売済み。
公式サイト

私が運営しているサイトです
岩手ライブ情報